小児歯科

 ■小児歯科について
当院で管理させて頂いた乳歯が抜け落ちて、それらを保存しお持ち頂ければ下のような模型をつくって差し上げています。

 

  お父さんとお母さんがお子さんの口の中をしっかり把握し、適切な食生活、歯ブラシの知識を持ちながら管理していく事が、やがてお子さんが大きくなった時に、より健康な口腔内を自分で維持していく基礎になると考えています。そういう視点から小児の歯科治療をしています。

  

※当院の小児歯科治療のポイント
1:まず、その子の状態を把握し、より良い口腔環境を得るための歯ブラシや食生活の指導をします。
2:むし歯になってしまったら、小さいうちに適切に治療します。
3:歯並びやかみ合わせの異常をできるだけ早期に発見し、悪くならないようにおうちでできることの指導や咬合誘導の治療を行います。
4:歯列不正はそれぞれのお子さんの経過を管理していく中で、適正時期に最短期間、最小費用で治療できる時期を見極め、情報を提示し治療していきます。

下の写真は、一見虫歯があるように見えないところでも、レントゲンを撮影してみると歯の間に虫歯が存在したという症例です。

【保護者の方へ(当院の治療方針)】

①基本的に押さえつけての治療はいたしません。
治療が初めての小さなお子さんにはまず初回に、お話をしながら器具の説明とお口の中での器具の練習をします。なるべく不安を取り除き、2回目以降治療
に移っていけるようにしています。

②付き添いの方へのお願い
(1)なかなか治療を受け入れられないお子さんの横に付き添いながら「痛くないからね」とか「すぐ終わるから」と励ましていらっしゃる場面を多く見かけます。お気持ちはわかりますが、この「励まし」は逆効果になる事が多いのでやめていただきたいと存じます。

(2)虫歯の治療は、子供にとって負担が伴います。しばらく口を開いていなくてはいけません。お水が出たり、大きな音がしたり、時には少し痛みを伴う事もあります。なるべくそれらの負担を軽減するように努力して治療しますが、少しは頑張ってもらわないと治療は不可能です。

(3)治療は手品ではありませんので「痛くない」とか「すぐ終わる」事ばかりではありません。「虫歯を作ってしまったらちょっとだけ我慢して早く治さないといけないんだ」と励まして頂き、できないまでも頑張れたところを見つけて誉めてあげて欲しいです。できてしまった虫歯は少し頑張って治そうと思えるような付き添いをしていただけたらと思います。