審美歯科治療

「審美(しんび)歯科治療」という、歯の見た目をきれいにすることを目的とした歯科治療が行なわれるようになってきました。審美歯科治療では、歯の形や色などを美しく整える治療をします。テレビや雑誌などで「審美歯科」という言葉を耳にしたり目にするようになりました。しかし美容だけを目的とし、短期間で歯を白く、歯の形も歯並びもきれいになる、という誤った認識、誤解がありますのでご注意下さい。

審美歯科治療は、あくまでも「治療」です。歯は「噛む」という機能が最優先ですが、10年後も20年後もきちんと噛めて綺麗な歯であることが一番大切なのです。必要に応じて「歯肉や結合組織の移植」を行う場合もあります。審美歯科治療においても、歯の土台となる歯ぐきの健康が非常に大切です。存在する歯周病の改善は絶対条件になります。

当院では、単に歯を白くきれいにする治療ではなく、歯や歯ぐきを健康にして歯の機能を回復した上で、見た目も美しくして、心身ともに快適な生活を送っていただくことを、審美歯科治療の目的としています。最近は金属アレルギーを気にされる患者さんが増えてきました。金属を全く使わない治療法もありますのでご相談下さい。