矯正歯科

歯並びが悪いと、歯みがきがしにくくてむし歯になりやすくなったり、歯並びの悪さがコンプレックスになって、本来の明るい笑顔が見られなくなることもあります。子どものうちから歯並びの管理をしていき、適切な時期に矯正を行なえば、期間が短く、肉体的、精神的、経済的な負担が少なくて済むことがあります。当院では、小さいときからの管理の中で歯並びに問題が出てきた時は早期に問題をお話しし、良い歯並びに導くためのアドバイスや、最適な矯正治療の時期についてのアドバイスをしています。
 子供の頃から管理して行くのが望ましいですが、矯正治療は大人になってからでもできます
下のような歯並びが気になるようでしたら、年齢にかかわらず一度ご相談にいらしてください。(様々なケースがございますので治療費については歯並びを拝見してから相談させて頂いております。)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

一般的に出っ歯などと呼ばれてます。上の前歯や上あごの骨が前に出ている状態や、(上あごが出ているのではなく)下あごが後ろに入ってしまっている状態、あるいはその両方が同時に起きている状態を、上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突と呼ばれることもありますが、一般に受け口とも呼ばれています。下の前歯が上の前歯より前にある状態です。外側からは、下の唇が出ているように見えたり、下唇が厚く見えたりします。また、下の前歯や唇を無理に唇内に閉じ込めようとして、頬が緊張しているように見える場合もあります。

叢生(そうせい)
 歯がでこぼこに並んでいる状態で、乱ぐい歯とも言われます。八重歯も叢生(そうせい)の一種です。あごの広さと歯の大きさのバランスが悪いため、狭いあごに歯がきれいに並ばず、でこぼこに重なりあってしまいます。