歯の移植治療

◎自分の余っている歯(親知らずや重なり合っている歯)に限って、歯が失われた所に移植することは可能です。開業以来150本を越えています。可能性のある場合はご提案致します。

◎「親知らず」の場合、根の形が十分でなく移植歯として使えない事が多く、また歯が失われた部分の顎骨がかなり吸収していて、移植歯を受け入れられないケースも多くあります。

「入れ歯は嫌!」という患者さんの場合、移植が無理でもインプラントであれば可能、というケースが多い、と実感しています。

◎サイズが合わなかったり、適応できないケースも少なくありませんので、過剰な期待はなさらないで下さい。むしろインプラントの方が好ましい場合もございます。