入れ歯治療(バネがないタイプもあります)

 ■取り外せるタイプの入れ歯
◎患者さんの悩みの多くは、「痛い」「外れる」「噛めない」「銀色のバネが見た目悪い」というもの。毎日の楽しみであるはずの食事がおいしく食べられないというのは、つらいことだと思います。

◎入れ歯を入れてからイライラするようになったり、笑わなくなった…という話をよく聞きます。しかし作ってもらってからの調整を途中で諦めてしまった患者さんも少なくないようです。確かに自分の歯のようにはいきませんが、出来上がってからの調整は大切です。

 ■部分入れ歯
◎残っている歯に「クラスプ」という金属のバネをかけて歯を補う方法が「部分入れ歯」です。保険内では土台部分が赤いプラスチックになりバネも金属に制限されます。
保険外治療ですがバネを使わない方法もできますが、メリット・デメリットがあります。

◎保険の部分入れ歯より材料の選択が可能な保険外(自費)の部分入れ歯もあります。しかし、歯科医として「今ある歯をいかに残すか」という点で考えると、可能であれば抜けてしまった歯を単体で補えるインプラントの方が、患者さんの精神的な負担が軽く済み、長く快適に生活できる場合が多いと考えます。多くの歯を失っている場合はインプラントは適当でない場合もあります。

■総入れ歯
◎歯がとうとう一本もなくなってしまったら、総入れ歯を入れることになります。保険治療の場合は、プラスチック製の総入れ歯しかありませんが、保険外(自費)の総入れ歯にはいろいろなタイプがあります。

■残った歯を守るために
◎入れ歯を入れることになった今、残った歯や歯ぐきをどう守るかが大切です。
歯が抜けてしまったのには、必ず原因があります。抜けてしまった歯のところに入れ歯を入れてそれで終わり、ではなく、歯が抜けた原因を見つけて、それを解消しましょう。

また、バネのかかっている歯を頑丈に作ることです。これはとても重要な事です。