マウスピース(スプリント)について

マウスガードやマウスピースは色々な目的で上下の歯列の間に装着する装置の総称です。場合によっては「スプリント」という呼び方もあります。

ハギシリ防止のために作る場合は保険適用になります。

耳鼻科で睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、シーパップ療法で治療することが多いようですが、軽度の場合、口腔内装置(上下一体になった装置)が適用と判断された場合は「医科」から「歯科」へ作製依頼が来ます。この場合は保険適応となりますが、当院では取り扱いしておりません。

「いびき防 止」を目的とする場合は保険適応外になります。またスポーツ外傷から歯や歯槽骨を守る目的で装着する「スポーツマウスガード」場合も保険外になります。

いびき防止のマウスピース(口腔内装置)

 

スポーツマウスガード(格闘技、バスケット、アイスホッケー)など顔面に衝撃を受ける可能性がある場合に有効です。特にお子さんの歯を守る方法として注目されています。)また瞬間的に食いしばる機会の多いスポーツでもマウスガードが有効な場合もあります。