シーラント

永久歯の奥歯が生えてくる6歳ごろ・・・このころはむし歯(特に6歳臼歯)になりやすい時期と言えます。

6歳臼歯は溝が深く、むし歯菌が入り込みやすい上に、溝が狭くて形も複雑なので、歯みがきをしても歯ブラシの毛先が溝の奥まで届かない場合もあり、非常にむし歯になりやすいのです。

当院では「シーラント」というものを取り入れています。
シーラントとは、
お子さんがむし歯になってしまう前に、奥歯の溝をプラスチックで埋める方法です。

しかし、シーラントをしたからもう安心!というわけではありません。歯と歯の間の虫歯予防にはなりません。またシーラントは、欠けてしまうこともあります。欠けてしまうと、シーラントをしていないときよりもむし歯菌が入り込んで、むし歯になりやすくなってしまいます。必ず定期検診を受けてください。

 すでに虫歯になっている場合は虫歯を取り除き白い材料に置きかえる通常の治療になります。