なるべく痛くなく・・・

今では以前に比べ痛みの少ない治療ができるようになってきました。しかし歯や歯肉にも神経がありますので、「まったく痛くないわけでは無い」、ということをご理解ください。しかし下記のような工夫をすると痛みの感じ方が違います。少しは痛みのストレスが軽減するかもしれません。ただしムシ歯になっている期間が長い場合は、表面が麻痺されても神経まで麻痺されるまでは時間がかかったり効きにくかったりしますので御了承下さい。

当院では特に、下記の点に気を配っております。

1.表面麻酔を使います使わないで済む患者さんも少なくありません。)。まず、麻酔を打つ部分に表面麻酔を塗りますので、麻酔の針をさすときの痛い感覚が少なくなります。

2.麻酔液を人肌に温めます
麻酔液が注射するときに、体温より温かすぎたり冷たすぎたりすると、麻酔液が入ってきたことを体が敏感に感じて、それが痛みにつながってしまいます。時には体温に近い人肌くらいの温度に麻酔液を温めてから注射しています。(もちろん、温めても麻酔液の品質に変化はありません)冬期は専用の器械で常に暖めています。

3.細い注射針を使います
太い針よりも、細い針のほうが痛みを感じにくいというのはイメージしていただけると思います。当院では、麻酔が痛くないように非常に細い注射針を使用しています。

4.ゆっくり麻酔液を入れます
急いで麻酔液を注射してしまうと、痛みを感じたり、体調が悪くなってしまう場合もあります。痛みを感じにくいスピードで注射しますので、感じる痛みがかなり少ないと思います。自動注射器は広い範囲に麻酔が必要な場合、とても有効です。

 5.麻酔が効くまで待ちます
麻酔を行なってからすぐに治療を始めてしまいますと、麻酔がきちんと効いていなくて痛みを感じてしまうことがあります。一度痛いと感じてしまうと、痛みに敏感になってしまって、患者さんにとっても治療がつらくなってしまいますので、当院では、麻酔が効いたことを確認してから治療に入ります。

 それでも効かない場合はあります。「あの歯医者は麻酔が効かない!」という事もわかりますが本当に効かない時もありますね。