最近の集合写真

めんどくさい話をします。目的を共有する複数の「他人」が集まり、みんながそれぞれの目的を成し遂げたとき、その達成感がピークになる。当然、同じ価値観に達した人々は「他人」から「仲間」となり、みな同じ行動にでる〜そう「集合写真撮影」である。私はここ数年、何度もこの集合写真撮影に加わった事があった。しかし、アドレスを渡したり名刺を渡しても、その画像が帰って来た事はただの一度もない。そう、みんな撮影者のHPやブログ、Face bookに使われ世界中を回っているのだ。私がその場にいることを知らないはずの知人から、指摘されたりもした。個人の満足の為に被写体になる事はやはり好きになれない。でも「撮影の輪」に入らないと「付き合いの悪い奴」と思われるんでしょいうね。まあそれでもいいか!