光のページェント

いまや12月の風物詩になった感のある「光のイルミネーション」ですが、私が覚えている限り元祖は「仙台市」だったような?私が大学を卒業し仙台に勤めだした翌年ですから、1986年(昭和61年)だったと思います。市民ボランティアが「杜の都・仙台」を象徴する定禅寺通と青葉通りのケヤキ並木にイルミネーションを施したのが始まりでした。初めて見る夜景に感激した思い出があります。当院でも雰囲気だけですが今年もやってみました。数年後の道路拡張と交差点の設置の為、11月に花壇とスロープをとってしまいましたのでちょっと寂しいのですが〜無事一年が終わりますように!